BABY LIFE ORGANIZATION

ベビーライフでは、妊娠されているけれども 赤ちゃんを産んでも育てられない事情のある方への「相談事業」と「特別養子縁組の支援」を行っております。これから生まれてくる赤ちゃんのために、安心で温かい家庭を築ける「育ての親」を一緒に探すお手伝いをします。中絶したくはないけれど、赤ちゃんを育てることができない状況でお悩みの方... ぜひベビーライフへご相談下さい。ご相談の秘密は絶対に守りますのでご安心いただけます。すでにお生まれになっている方のご相談も可能です。

\ 24時間 365日 いつでも受け付けています /

産みの親専用ホットライン

0120-63-4152

メールでもOK!

CONTACT

LINEでのご相談も可能です

友だち追加

産みの親としてお悩みの方へ

ベビーライフでは、「自分では子どもを育てていくことができないけれど、子どもには愛情いっぱいの家庭で健やかに育ってほしい」という産みの親の温かい気持ちに寄り添った支援をおこなっています。私たちと一緒に、お子さんとって一番幸せになる道をさがしてみませんか?

子どもが幸せに育つことができる家庭を探してほしい...
産んでも経済的に育てていくことが困難...
周りに頼れる人がいなくて一人で悩んでいる...
中絶可能な時期を過ぎてしまった...
病院受診する費用がなくどうしたらいいのかわからない...
妊娠していることを誰にも知られたくない...

私たち「ベビーライフ」について

ベビーライフは、予期せぬ妊娠や育てられない事情でお悩みの方のご相談にのり、未来ある尊い命のためにできることを一緒に考えます。育ての親に縁結びをする養子縁組支援事業を通じて、愛情にあふれた家族を作るお手伝いをしています。

特別養子縁組とは?

「特別養子縁組」の制度ができた目的を理解し、日本の現状からなぜ「特別養子縁組」が必要とされているのかを説明しているページです。さらに、特別養子縁組以外の選択肢についてもご紹介しています。

「育ての親」養父母について

ベビーライフでは、国内と海外(アメリカ・カナダ)に育ての親候補者が待機しています。様々な事情があり、産みの親の方と暮らすことができないお子様に安定した家庭環境を提供できるご家族のみご登録いただいています。

実際にあった特別養子縁組の事例

当法人で特別養子縁組をされた産みの親の方から、
現在も定期的に前向きなご報告を頂くことが、私達にとっても大変励みになっております。

CASE.01

病院は未受診である未婚女性の相談

初めまして。望まない妊娠をしました。相談に乗ってください。私は23歳です。病院には行っていませんが、今8か月くらいだと思います。相手は元彼で...

CASE.02

金銭的事情による養育困難の相談事例

現在妊娠6か月です。私は夫と9歳の長男、7歳の次男、5歳の長女と5人で暮らしています。経済的に厳しい中で生活をしており、3人の子どもたちを...

CASE.03

未成年で妊娠した娘に関する相談

高校生の娘が妊娠しました。先日病院に行ったところすでに妊娠27週であり、中絶ができない週数になっていました。赤ちゃんの父親も高校生で、二人には...

\ 24時間 365日いつでもOK /

産みの親専用 無料相談窓口

一人で抱え込まないで、まずはベビーライフに
あなたのお悩みを話してみませんか?

LINEでのご相談も可能です

友だち追加

LINK

「産みの親」でお困りの方へ

産みの親の温かい気持ちに寄り添った支援をおこなっています。お子さんにとって幸せな道を一緒に探してみませんか?

一般社団法人ベビーライフについて

一般社団法人ベビーライフの活動について詳しく知りたい方はこちらへ

「育ての親」について

ベビーライフでは、安定した家庭環境を提供できる方のみが待機しています。