仕事のサポート

お子さんをおひとりで育てながらお仕事をしていくのには、なにかと困難がありますが、ひとり親家庭の方を対象とした就労のためのサポート制度が、いろいろ用意されています。

1.職業訓練費の助成制度 (自立支援教育訓練給付金事業)

「児童扶養手当」を受給しているひとり親家庭の方ならば、支払った職業訓練費の一部が助成される制度です。

内容 ハローワークなどが行っている職業訓練を終了した後に、受講料の20%が返還される
対象となる職業訓練 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
ハローワークインターネットサービスで対象講座を調べることができます。
申請先 お住まいの地域の福祉事務所またはひとり親担当窓口や、婦人相談員、母子自立支援員
その他 事前の相談が必要です。

2.養成講座にかよう間の生活費の支援 (高等職業訓練促進給付金等事業)

特定の資格を取得するために学校に通う間、その間の生活費を支援する制度です。

金額 ・非課税世帯:10万円
・それ以外:75,000円
期間 2年間
対象となる資格 看護師、准看護師、保育士、介護福祉士、理学療法士、作業療法士など
申請先 お住まいの地域の福祉事務所またはひとり親担当窓口や、婦人相談員、母子自立支援員
その他 児童扶養手当を受給していることが要件になります。

3.その他の制度

そのほか、ハローワークでの「マザーズハローワーク」の利用などがあります。詳しくは、お住まいの市区町村の窓口にお尋ねください。

お問い合わせ