シングルマザーとして育てるとき

ひとり親(シングルマザー)で子育てをする場合

妊娠がわかっても、様々な事情から、パートナーがいない状況で妊娠・出産を迎えなければならない場合や、お子さんがいてひとり親になった場合、色々な制度があります。

ひとり親手当や制度は、父母が離婚した、父または母が死亡・生死不明・重度の障害の状態にあるか、法令により引き続き1年以上拘禁されている、父または母に引き続き1年以上遺棄されている、父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた、婚姻によらない出生で、母または父がパートナーがいないでお子さんを育てる場合が対象になります。
手当によって対象となるお子さんの年齢は異なります。

ご紹介する制度は、市区町村の窓口係の名称(子ども手当係・子ども医療手当係・子ども育成係・保健福祉係等)は自治体によってさまざまですが、わからない時は、各自治体の公式ホームページで、下記の手当や制度の名称を検索すると、各窓口がわかります。
また、各窓口には、母子自立支援員やひとり親就労支援員、離婚等の相談の家庭調停委員がいます。

お問い合わせ